本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0466-44-5955

〒252-0805 神奈川県藤沢市円行1-13-7

診療案内病気の話



うつ病について

気分が憂うつで、何かをしようとしても、なかなかやる気になれない。朝起きても、職場に行く気になれない。仕事をしても集中できない。頭が回らない。疲れやすい。趣味や楽しみであったことさえ億劫で、する気になれない。食欲がわかない。夜眠れない。これらの症状が長く続いた場合、うつ病の可能性があります。


【うつ病の症状】
抑うつ気分

一日中、気分がふさぎ込んだり、落ち込んでしまいます。気分はゆううつで、何も希望が持てなくなります


興味や喜びの喪失

いろいろなことがつまらなくなります。仕事だけではなく、休日に楽しんでやってきた趣味なども、興味がなくなったり、楽しめなくなってしまいます。

食欲不振または増加

食欲が落ちて、体重が減ってしまう方が多いです。一方で、いつもより食欲が増えて、体重が増える方もいらっしゃいます。


睡眠障害(不眠または睡眠過多

いろいろと考えたり悩んでしまって寝付けない(入眠困難)、夜中に何度も目が覚めてしまう(中途覚醒)、朝早くから目覚めてしまったりする(早朝覚醒)、ぐっすり寝た感じがしない(熟眠障害)といった症状がおこります。一方、眠気が強くなり、日中も含めて眠りすぎるという方もいらっしゃいます。


精神運動の制止、または焦燥

話し方や動作が普段より遅くなるなります。頭の回転がにぶくなって、言葉がなかなか出てこなくなります。周りとの会話でも、ボーっとして、直ぐに答えられなくなることもあります。酷くなると、昏迷状態となることもあります

一方で、不安感焦燥感が強くなり、じっとしていられなくなり、うろうろと歩きまわってしまう方もいます。焦燥感が強く、死にたい気持ちが強い方は、衝動的にそのような行動に移したくなるため、なるべく早く受診されることをお勧めします。


易疲労性、気力の低下

何をするにもだるくなります。億劫で仕方がなくなります。いつもよりも疲れやすく、気力も低下します。普段、時間をかけずにできていたことにも時間がかかってしまいます。そうなると、気ばかりが焦ってしまいますが、実際にはやることがはかどりません。



思考力低下・集中力低下

物事に集中できなくなります。考えが遅くなったり、まとまらなくなります。決断力も低下します。本や新聞、テレビ、インターネットなどを見ても、内容がなかなか頭に入ってきません。


強い罪責感

そのような事実はないにも関わらず、自分は価値のない人間だと感じてしまいます。自分は悪いことをした、みんなに迷惑を掛けて申し訳ないと、自分のことを責めてしまいます。物事がうまく行かないのは、自分のせいだと考えてしまいます。

時に、悲観さや罪責感が、妄想にまで発展することがあります。内容は全てに悲観的で、自分の能力、健康、地位、境遇などを過小評価する微少妄想という妄想が出現します。以下は、微少妄想の例になります。

罪業妄想:そのような事実はないのに、自分は大変な罪を犯してしまったと思う。

貧困妄想:そのような事実はないのにもかかわらず、破産してしまった、お金が全くなくなった、家族が路頭に迷ってしまうと思う。

心気妄想:そのような事実はないのに、自分は癌などの重大な病気に冒されたてしまった、もう助からないと思ってしまう。

自殺念慮・希死念慮

罪責感が強くなったり、悲観的になると、自分さえいなければ・・・、死んだほうがましだ・・・と考えてしまいます。将来についても悲観し、もう駄目だ、終わりだ・・・などと考えてしまいます。死や自殺について何度も考えてしまい、計画を立てたり、企ててしまいます。

一般的に、自殺行動はうつ症状が一番酷い時にはむしろ少なく、病気の初め回復期に多いと言われています。これは、うつ症状が酷い時には自殺行動するエネルギーさえないからです。


【うつ病の原因】

未だ解明されてはいませんが、現在提唱されている仮説としては、うつ病になる人は、何らかの脳の機能的な障害があり、うつ病になりやすいこと。そのなりやすさの一部には遺伝的な要因も関与していること。また、病気になる前の性格もなりやすさの一部に関連していること、などが言われています。そして、そのようなうつ病になられやすい方に、精神的・身体的なストレスが加わった時に発病すると考えられています。

 

うつ病になりやすい性格

正確、綿密、勤勉、責任感が強く、几帳面、凝り性、完璧主義の傾向があります。秩序や規則、順序、組織、スケジュールに忠実ですが、柔軟性にやや欠けてしまう面もあります。他人に対して非常に気を使い、なるべく衝突や摩擦を避け、他人に尽くそうとする傾向があります。道徳的にも良心的です。つまり、真面目で律儀で、人からあまり悪口を言われないような方、生真面目、几帳面、秩序を重んじる、人に気を使うタイプの方が多いのです。

しかし、このような性格の人は、仕事が増えた場合や、慣れない部署に異動した場合など、周りに相談したり、周りに仕事を振ることができず、仕事を背負い込んでしまいやすいのです。また、仕事の量が増えたにもかかわらず、質も維持させようとするため、多くのものを抱え込んでしまいます。また、自分の行った行動に対しても、後悔しやすかったりします。過ぎ去った過去のことを思い悩んだり、自分を卑下したり、責めたりしてしまいがちです。



うつ病になられやすい方の考え方

一つ失敗すると、これからも全て失敗してしまうのではと、ネガティブに思ってしまう

証拠が無いのにもかかわらず、こうではないかと決めつけてしまう。


悪い点ばかりを取り上げてしまい、良い点を無視してしまう。

失敗の責任は全部自分にあると思ってしまう。

他人からの評価に過敏すぎて、過度の自己点検、自己批判をしてしまう。

人の心の読み過ぎたり、人の顔色をうかがってばかりしてしまう。ある人の反応が悪いと、自分のせいではないかと思い悩んでしまう。


all or nothing、0か100か、白か黒か、良いか悪いかになりがち。


すべき思考。例:何かをやろうとする時に、「〜したい」ではなく、「〜すべき」「〜すべきでない」と考えて行動しがち。


 

うつ病になりやすい状況

過労、失業、退職、病気、失恋、結婚、出産、育児、離婚、被災、大学進学、昇進、降格、異動、転勤、配置換え、転職、引越、配偶者の死、子どもの自立、人間関係のトラブル、などのストレスがあります。最近では、新型コロナに関連した悩みや、コロナのために人との交流が少なくなり、孤独感からうつ病になられる方も少なくありません。


昇進の例:今まではすぐ上の管理職の言うことに対して、忠実に行動していれば良かった。しかし、今度は自分がその管理職になった。自分でいろいろなことを把握し、決断しないと、部下はついてこない。部下の意見を代表して、上の管理職に意見を伝えなければならず、対人関係もはるかに複雑になった。
 → 昇進は喜ばしいだけではなく、ストレスになる場合があります。


引越の例:遠方に引っ越した、主婦の方に多いです。引っ越した先は、友達もおらず、知らない人ばかりで、孤独に陥ります。また、お子さんを持つ方は、お子さんが近所の子ども達と仲良くなれるだろうかなど、思い悩むこともあります。



【うつ病患者さんへの接し方】

基本的には、励ましたり、叱ったりしないことが大切です。うつ病の方の多くは、無理をしてうつ病になっています(怠けではありません)。励ましや叱咤激励は、うつ病患者さんが持っている罪悪感に拍車をかけ、時に自殺を促すことになりかねません。

また、決断力が鈍っているため、決断をせまるようなことはしないほうが良いです。特に、転職や退職などの人生の重大事項の決定は、病状が良くなるまで延期したほうが無難です。理由としては、うつ状態のときは物事を悲観的に考えやすく、後で正常に戻った際に、後悔するような決断をしてしまったと思うことがが多いからです。

生活では、人と会ったりすると、気疲れてしまうことが多いので、話して楽になる人や愚痴が言える人以外とは、無理して人と会わせないほうが無難です。また、普通は、旅行は気分転換になりますが、うつ状態のときには、旅先で気疲れしてしまい、うつ状態が悪化する原因になることもよくあります。


うつ病の治療】

うつ病は、よく、ガソリンがなくなった車に例えられます。いくらアクセルを踏んでも、ガソリンがないために、前に進まないような状態です。

うつ病の治療では、ガソリンを少しずつ貯めていくというイメージをお持ちいただければと思います。

うつ病の治療で大切なことは、まず、休養を取ることです。ただし、数日の休養で治る方は少なく、週単位、月単位の休養が必要である場合が多いです。

また、うつ病の治療法は、お一人お一人違ってきます。それは、うつ状態になった原因やきっかけが、人それぞれあるからです。


うつ病になりやすい体質の方
薬が良く効きます。脳には元気の元となる物質(神経伝達物質:ノルアドレナリン、セロトニン、ドーパミンなど)があるのですが、この物質がこの病気の方は勝手に少なくなったり多くなったりしてしまいます。ですから薬を飲んでいただいて、その脳内物質を調整していただきます。


環境に大きな問題がある方
ものすごく過剰な勤務が続いたり、ご本人に合わない配置転換や転勤などがあり、うつ病に陥られた方については、患者様と相談した上で、職場配置やポストについて相談していきます。


もともとの性格によりうつ病になりやすい方
自己主張がなかなかできない、嫌なことに対してNoが言えない、真面目過ぎてしまう、人の目を気にしすぎてしまう、恥をかくのがすごく苦手、傷つきやすいなどで、うつ状態に陥られた方については、うつ状態が改善したあとに心理療法(カウンセリング)を受けられると、その後の予防につながります。


このように、うつ病の方には、「休養」「薬物療法」「心理療法」が、治療の柱になります。治療としては、まずは安静が大切です。負担をできるだけ取り除き、十分な休養を取っていただきます。うつ症状の程度にもよりますが、お仕事を軽減してもらったり、休職して頂いたり、主婦であれば、家事や育児を他の家族に手伝ってもらったりします。


軽症の方には、まず「休養」をしていただきます。「休養」だけで治りそうにない方、うつ症状が中程度以上ある方には、薬物療法を併用いたします。

 

【うつ病の薬物治療

抗うつ薬の主な作用としては、脳内のセロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンなどを増やしたり、刺激したり、調節したりする作用があります。

抗うつ薬の注意点としては、抗うつ薬は即効性に乏しく、効果が出てくるまでに、2週間以上かかることが多いです。一方で、副作用(飲み始めた頃の吐き気、眠気、排尿障害など)については、飲み始めてから直ぐに始まることが多いです。患者様は、飲み始めの頃、副作用ばかり出て、効果がないではないかと思われてしまいがちですが、少しずつ効果は出てきますので、効果が現れるまでしばらくお待ちいただきます。一方で、抗不安薬や睡眠導入剤については、即効性があります。


三環系抗うつ薬
1950年代から開発されてきたお薬です。アナフラニール、アモキサン、トリプタノール、トフラニールなどがあります。三環系抗うつ薬は、しっかりとした効果がありますが、口の渇きや便秘などの副作用があります。そのため最近では、近年開発されてきた副作用の少ないSSRIやSNRI、NaSSA、S-RIMが処方されることが多いです。ただし、SSRIやSNRI、NaSSA、S-RIMなどのお薬を試してみて効果に乏しい方、入院されるほど重症なうつ状態の方については、効果の高い三環系抗うつ薬を用いる場合があります。

四環系抗うつ薬
1960年代から開発されてきたお薬です。三環系抗うつ薬よりも副作用が少ないと言われています。ルジオミール、テトラミドなどがあります。ルジオミールはノルアドレナリンを増やす効果があり、意欲低下に効果的です。抗ヒスタミン作用により眠気も出ることから、睡眠効果も期待できます。テトラミドも眠気が出るお薬であることから、睡眠効果を期待して処方されることもあります。

SSRI
選択的セロトニン再取り込み阻害薬

レクサプロ(エスシタロプラム)、ジェイゾロフト(セルトラリン)、パキシル(パロキセチン)、ルボックス・デプロメール(フルボキサミン)などがあります。脳内のセロトニンの濃度を増やして、抗うつ効果や抗不安効果をもたらします。


SNRI
セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬
サインバルタ(デュロキセチン)、トレドミン(ミルナシプラン)、イフェクサーSRがあります。脳内のセロトニンとノルアドレナリンの濃度を増やして、抗うつ効果や抗不安効果をもたらします。ノルアドレナリンを増やすため、SSRIと比較し、意欲低下に対して、より効果的であるとも言われています。また、慢性的な痛みについても効果があると言われています。

NaSSA
ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬
リフレックス・レメロン(ミルタザピン)があります。効果は高いですが、主な副作用として、眠気があります。一方、眠気が出るお薬のために、寝る前に内服すると、夜しっかりと眠れるようになります。眠気や鎮静効果があるため、不安や焦燥感の強い患者様にも有効です。



S-RIM
セロトニン再取り込み阻害・セロトニン受容体調整剤

2019年に日本で発売が開始された、トリンテリックス(ボルチオキセチン)があります。トリンテリックスには、抗うつ効果や抗不安効果だけではなく、うつ病における認知機能の改善にも効果があると言われています。


抗うつ薬などの薬物療法は、うつ症状が良くなるにつれ減量します。ただし、うつ病は再発することが稀ではないため、うつ症状が良くなってから数か月〜1年ぐらいは、抗うつ薬の継続をお勧めしています。

 

 

【入院治療について】

うつ症状が強い方、不安・焦燥感の強い方、お家で休むことが難しい方には、入院治療をお勧めしています。入院治療では、病状を日々観察することでき、薬物療法についても、細かく調整することができるため、外来治療よりも手厚い治療が可能です。


【うつ病の方の経過】

うつ病の経過は、一般的には、未治療例では、半年から1年くらい、うつ状態が続いた後、自然に軽快にむかうことが多いです(1年で40%が寛解、20%が部分寛解、40%が欝状態)。

薬物療法をはじめとする治療を行うことにより、この期間は短くなり、3分の1の人が3〜6カ月で軽快し、1年で70%ぐらいの人が軽快します。



医療法人社団いしずえ 湘南敬愛病院医療法人社団いしずえ 湘南敬愛病院

〒252-0805
神奈川県藤沢市円行1-13-7
TEL 0466-44-5955
FAX 0466-46-3196
患者様用の無料駐車場ございます